もしかしたらあなたの寝汗は体の症状を訴えているサインかもしれない

睡眠時にも汗をかくことがあり、皆さんの場合は一般的に夏の熱帯夜に感じるといったくらいではないでしょうか。しかし、中には1年中寝汗をかく人もいて、そういった人は病気ではないかと疑われます。今回は睡眠時の汗について、どういったものなのか知っておきましょう。

睡眠時の汗がひどいと重大な病気の可能性が…

私たちは運動以外でも汗をかくことがあり、睡眠時にはコップ1~2杯分の汗をかくと言われています。

一般的にはこれくらいの量が体から出ると言われていますが、衣類が濡れるほど寝汗をかいてしまう人もいるのです。そうなれば、どこが悪いのか気になってしまい、場合によっては重大な病気の可能性も考えられます。

症状がひどいと、まともに睡眠が取れなかったり、朝起きたときに体臭がきつかったり、体が脱水症状になったりと、汗を大量にかくことで体が大変なことになります。この状態が続くと健康状態に悪影響なので、早めの改善が必要です。

寝汗の原因は、ストレスやアルコール、生理や更年期障害が影響していると言われています。これらをいかに改善していくかで、睡眠時の汗の量が減るかもしれません。

大量の寝汗は重大な病気であると疑われ、もしそうなれば治療が必要です。まず疑われるのはバセドウ病です。甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気で、体の代謝が活発になりすぎて、運動していなくてもまるで運動しているかのような状態になります。

睡眠時に限らず、日中でも汗をかく状態になります。冬でも汗をかく場合は、甲状腺に異常があると思ったほうがいいかもしれません。
大量に汗をかくのは、ただ単純に風邪の可能性も考えられます。風邪をひけば、体温をあげて細菌やウイルスを退治しようとしているので、その熱を下げるために大量の汗をかくのです。風邪で汗をかくのは、治りかけたサインでもあります。

普通の風邪ならいいのですが、その症状が結核でもあることも可能性としてあります。結核にかかると風邪に似た症状になるので、普通の人でもわかりにくく、症状が長く続けば病院に行きましょう。

睡眠時の汗を改善していくには?

あまりにもひどい場合は、まず寝室の環境を改善してみましょう。快適に睡眠がとれるよう、室温管理を徹底して行うことが重要です。

ストレスも汗をかく原因にもなり、解消せずにそのままにするとうつ症状や生活習慣病も引き起こす可能性があります。

自分に合ったストレスの解消方法を実践していくことで、快適な睡眠がとれるようになり、汗も改善されます。

もし病気が原因のものであれば、病院で診断を受け、適切な治療を受けて病気を治していくことが大事です。

汗をかいた時に応じて、寝るときの衣類やシーツを最適なものに選び、飲み水を用意しておくことが対策になります。