子供が寝汗をかいていたら

子供がもし睡眠時に汗をかいていたら、あなたならどうしますか。「もしかして、風邪でも引いたんじゃないか?」などと思う人もいるかもしれません。そんな時は子供のことも考えながら、どのようなことをしたらいいのか、よく考えて行動するようにしましょう。

子供は大人と比べると汗をかきやすいと言われています。その通り、親がたまに見ると「寝汗がすごい」と思ってしまうことがあります。

子供は大人より代謝がよく、体内に含まれる水分の量も多いため、睡眠時にかく汗の量が多いです。

代謝の良さや水分量の多さはもちろんですが、子供には体温調節機能が完全にないこともあり、体表面積が大きいこともその原因といわれています。

暑い環境の中にいたり、厚着をさせたりすると、熱が体内にこもってしまうため、汗を多く書くようになるのです。

子供のパジャマや布団が原因かも?

子供が寝ているときの様子を見ると、よく布団を蹴散らして寝ているところを目にしたことはあるのではないでしょうか。

それは熱がこもって暑いからで、それを見て風邪をひくからという理由で、布団を着せているということが多いです。

子供によっては、暑くてついパジャマを脱いでしまうということもあるかもしれませんが、代謝の良い子供にとっては本当に暑いのだと思います。

布団をける動作でも体を動かくので、それによって汗をかくこともあるので、親としてはそういったところも心配になります。

寝汗をかくのは布団やパジャマが悪いかもと思うかもしれませんが、もし寒かったら自然と何かかけるものを求めるので、実際のところ心配はいらないと言っていいでしょう。

部屋の温度は子供に最適か?

寝室の温度は人間の感覚で調節すると思いますが、子供がいる家庭なら大人の感覚で調節しているのかもしれません。

大人が温かいと感じていても、子供にとっては暑すぎると感じてしまうことがあり、かえって子供が寝汗をかいてしまうのです。

汗をかくのは熱を冷ます行為なので、「汗をかく=暑い」というサインなので、部屋の温度調節は子供の感覚に合わせてあげることが大事です。

自分の汗で逆に体を冷やしてしまうこともあるので、子どもが風邪をひいてしまうことも考えられます。

子供に対しては速乾性や通気性の良いパジャマを着させてあげて、なるべく厚着をさせないようにすることが大事です。