寝汗に効果のある食べ物

寝汗を治すためには、それに効果があると言われている食べ物を食べていけばいいのではないでしょうか。それには黒豆やニラなどが効果があると言われ、これらを使った料理を食べていけばいいのです。睡眠時の汗に悩んでいる人は、ぜひ取り入れてみましょう。

寝汗には黒豆がいい

睡眠中の汗に悩んでいる人なら、黒豆を食べることがおすすめで、そのまま食べてもよく、皮をむかずに食べるのがおすすめです。

黒豆を使った料理で効果的なのが、「黒豆と小麦ふすまの煎じ汁」で、疲れすぎたときに出た汗に効果があります。

黒豆(主に皮の部分)と小麦ふすまの両方に止汗作用があり、毎日飲み続けることで改善されていきます。

黒豆の皮と小麦ふすまを両方とも9gずつ鍋に入れて、水で煎じて飲み、これに黒豆をそのまま食べてもいいのです。

黒豆をそのまま食べても効果的で、料理の中に黒豆を取り入れてもいいので、改善しながら食事を楽しめます。

ニラを食べても効果的

寝汗を抑える効果がある食材として、ニラもおすすめです。ニラレバ炒めなど、様々な料理でニラが使われます。

独特の香りがしますが、ニラは血液の循環をよくしていき、内臓の調子の改善や自律神経の刺激に効果があります。

ニラの調理法には様々あるので、どんな調理法でもニラをおいしく食べることができ、毎日のように食べていけます。

お勧めの料理は「ニラのみそ和え」で、これを1日3回食べると効果があると言われています。また、みそ汁の具にしても効果的です。

黒豆やニラのほかに、睡眠時の汗を抑えるのに効果的な食材は他にないのでしょうか。また、どういった方法で摂取すればいいのでしょうか。

その他のものには、胃を丈夫にして汗をかくことを改善してくれるという、「タンポポの煎じ汁」があります。

これを毎日のように飲むと睡眠時の汗が改善され、毎日というか毎食飲むことで、さらに効果が発揮されます。

タンポポの根あるいは葉を使い、それぞれ乾燥させたものを水に入れて半量になるまで煎じ、1日3回に分けて飲みます。

根は秋に、葉は春にとることがおすすめで、根は天日干しにして、葉は陰干しにしておいて、煎じ汁にできる状態にしておきます。

タンポポは薬用に使用される植物であり、胃を丈夫にしてくれる食材として使用され、健康食品にもこれを使った商品があります。