生理前に寝汗をかくのはどうして?

生理前に起こる寝汗は、どのようなことがきっかけで起こるのか、そのメカニズムを知っておくと、睡眠時に汗をかいた時に参考になります。実際に生理前に起こる症状を知っておけば、もしものときでも安心して過ごすことができるでしょう。

生理前になると、睡眠時に汗をかくことがあります。実はこれはよくあることで、特に心配するようなことではありません。

生理前になったらストレスや疲れを感じることがあり、そのこともあって汗をかいてしまうので、まずはストレスを解消したり、疲れを癒したりすることが大事です。

汗をかくと体を冷やしてしまうことがあるので、吸水性があって発汗効果のある衣類を着て寝ることをおすすめします。

それでも、大量の汗をかくことに不安を感じるという人なら、それを治す治療法があるので、病院で相談するといいでしょう。

生理前になると様々な症状が現れるので、不安に感じていても、生理がなくなれば後は楽になります。

寝汗は生理前症候群の症状の1つ

生理前症候群とは、生理の10日~3週間前に起こるもので、睡眠時に汗をかくことも症状の1つです。

生理前症候群が起こる原因は、月に1回の排卵でエストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンが大量に分泌されることにあります。

受精した卵子が成長できるようにホルモンが分泌され、それらが急激に低下すると、脳内のホルモンや神経物質に異常が起こり、生理前症候群が起こります。

ホルモンの影響で毎月のように起こる事なので、落ち着いたらその症状もなくなっていくので、女性であれば特に問題に感じることはないでしょう。

生理前症候群の主な症状

生理前症候群の症状には、自律症状・精神症状・身体症状の3つがあり、寝汗は身体症状の1つに当てはまります。

身体症状にはそのほかに、頭痛や腹痛、お腹や胸のハリ、むくみなどがあり、実際に体に現れたときは心配になる人は多いです。

自律症状にはのぼせ・過食・食欲不振など、精神症状にはイラつき・情緒不安定・抑うつ・不眠・集中力の低下などがあります。

そのほかにも様々な症状がありますが、生理前にこれらの症状があれば、間違いなく生理前症候群になります。

症状がひどい人は日常生活が送れないと言われ、気になる症状があれば出現時期と消失時期を記録し、もし生理周期と合わなければ他の病気の可能性があります。